ソフテイルファミリーの歴史と特徴

動画で見る!2016年モデルソフテイルファミリー

ソフテイルファミリーの歴史

ソフテイルファミリーは、ハーレーのタイプの1つです。ソフテイルの歴史は1984年に始まり、1950年代のハーレーのフレームを模して作られたのご特徴です。

1950年代のフレームはリジットフレームで、衝撃が直接搭乗者に伝わるもので、その硬さからハードテイルと呼ばれていました。

ソフテイルは、リジットフレームの見た目を損なわずにリアショックを搭載し、ハードテイルの反対で柔らかいという意味で名づけられています。
衝撃が吸収されるので、見た目が良いだけでなく乗り心地も良いのが特徴です。

往年のハーレーのフレーム形状なので、カスタムベース車両としても人気があります。古きよき時代の歴史を感じるデザインであるため、旧車風のデザインにもすることができるからです。

ソフテイルファミリーは、ハーレーの中で一番カスタムのベースとして利用されていて、パーツも豊富に売られています。

ソフテイルファミリーの特徴

ソフテイルファミリーは、リアサスペンションが見えないのが特徴で、ハーレーらしい魅力を持っています。
また、エンジンはツインカムとは異なるタイプで、バランサーを内蔵して振動を減らしているのも特徴です。

エンジンの振動がフレームにあまり伝わらないので、他のファミリーと比べると乗った時の感覚がかなり違います。
ハーレーのソフテイルには、幅広リアタイヤを装備するタイプと、逆に幅の狭いタイヤを備えるタイプに分けられます。

フェンダーの幅にも違いがありますし、適合によってホイールやシートにシーシーバーにも違いが出てきます。

一方、ソフテイルファミリーはマフラーにも違いがあって、こちらも適合に合わせて3種類に分かれます。
シートは更に多い4種類ですから、単にソフテイルといっても思い浮かべる人によって、想像される形が異なる可能性があります。

このように、1984年に誕生したハーレーのソフテイルファミリーは、快適性と選択の幅を用意しているのがポイントです。

スタイリング重視でクラシックな雰囲気も楽しめますから、現在においてハーレーの重要なファミリーに位置づけられるのも納得です。

ハーレーダビッドソン 2019年モデルのすべて

ハーレーダビッドソン 2018年モデルのすべて

ハーレー115年の真実

>あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

手放すならなるべく高く買い取ってくれて尚且つ楽チンなのがいいですよね。そこで、買取出張サービス会社と一括見積サービス会社を行なっている会社さんをご紹介します。

CTR IMG
メールで更新情報を受け取る

LoveHarleyサイトの更新情報をメールで受け取ることができます。
(配信頻度:月に1回程度)