ハーレー 48の由来

ハーレー48の由来は、この車両に使用されている独特なピーナッツのような形状をしているタンクを導入した時期が1948年だったということが関係しています。

このような形を1948年に採用したことを記念して、名前につけたとされています。

日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、とてもかっこいい見た目となっていて海外では人気が高いです。
タンクの容量は少なめとなっています。

ピーナッツの形をしたタンクの他にも、それぞれのパーツで個性豊かなものが揃っています。

ハンドルバーは一般的なものと比べて低い位置に設置してあり、シートの部分はそら豆のような形をした小さなサイズ感です。

このように他では見られない特徴が、ハーレー48には数多く導入されています。

非常にバランスのとれた外観となっていますが、走行に関しては独特な走り心地を楽しむことができます。

足を置く部分が前方に位置しており、前のほうに足を伸ばした状態で走らせるということが基本です。

カスタムモデルの中にはこのような形がとられているということもあるため珍しいというわけではありませんが、慣れていない人の場合だと乗っている最中に身体のバランスを保っていくことが難しい場合があります。

シートは見た目を重視した作りとなっていて、デザイン性を追求したいと思っている人に良いです。

ハーレー48は若干くせが強い傾向にありますが、名前の由来にもなったタンクをはじめ様々な部分に工夫がされています。

>あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

手放すならなるべく高く買い取ってくれて尚且つ楽チンなのがいいですよね。そこで、買取出張サービス会社と一括見積サービス会社を行なっている会社さんをご紹介します。

CTR IMG
メールで更新情報を受け取る

LoveHarleyサイトの更新情報をメールで受け取ることができます。
(配信頻度:月に1回程度)