フラットヘッド

フラットヘッドの歴史

フラットヘッドはサイドバルブエンジンの俗称で、エンジン内の吸排気バルブの位置がシリンダーの上ではなく並んで上向きに配置されたもので、ハーレーでこのエンジンを搭載したものは最も古い歴史のあるものです。

フラットヘッドの名称はエンジンのシリンダーヘッドの合わせ面がフラットな平な状態であることが由来となっており、製造は1929年から74年の45年間にわたり採用されてきました。

またハーレーをはじめ様々なメーカーで採用されており、二輪のみでなく四輪でも採用され日本国内でも1950年まで乗用車にも採用された歴史のあるエンジンです。

このような歴史をたどるフラットヘッドですが、種類は5種類あり、それぞれ4年から42年間製造されたものがあり、最も古いものは1929年から10年間製造され、最も新しい時期まで製造されたものは1932年から74年までの42年間製造さた、ハーレーをはじめ国内外を問わず様々な二輪車や四輪車に採用されたフラットヘッドです。

フラットヘッドの特徴

ハーレーの魅力の一つで欠かせないのがフラットヘッドですが、サイドバブルエンジンを搭載しているモデルのことを差意味しています。

フラットヘッドの特徴は、ハーレーが採用しているオーバーヘッドバルブよりも古いタイプのバルブ駆動の仕組みとなっている点です。

フラットヘッドの特徴は、エンジンが上向きに取り付けられている形状であり、カムがバルブを上向きに押し上げる構成になっています。

そのため、シリンダーヘッドは蓋のような役割を持っている訳ですがこの蓋を外すことでピストンとバルブが平らに並ぶように見受けられることから、フラットヘッドと呼ばれるようになった意味合いがあります。

フラットヘッドは、他のエンジンと比較すると確かにパワーは劣ることは否めません。

しかしながら、使用されているパーツが少ないながらも耐久性が高いことや低予算での購入の魅力があることで、現在でもエンジンとして採用され続けています。

ですから、ハーレーの愛好者の中で中でも最も歴史あるエンジンであり、支持され続けている特徴があります。

初心者からベテランまで!電話相談OK

ハーレーを知るの最新記事8件

>あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

手放すならなるべく高く買い取ってくれて尚且つ楽チンなのがいいですよね。そこで、買取出張サービス会社と一括見積サービス会社を行なっている会社さんをご紹介します。

CTR IMG