ダイナファミリーの歴史と特徴

動画で見る!2017年モデルDYNA FAMILY

ダイナファミリーの歴史

ファミリー別人気においても高い人気を誇り、数あるファミリーの中でも最もハーレーらしいと言われるダイナ。

ハーレーダビッドソンの歴史において、1971年、創業者ウィリアム・A・ダビッドソンの孫、通称ウィリーGと呼ばれるウィリアム・G・ダビッドソンにより生み出されたダイナは、大排気量が魅力のV型ビッグツインエンジンを搭載していながら、スポーツスターの高い走行性能を融合させる、というこれまでにないアイデアでハーレーの重厚なイメージを一新した新しいモデルでした。

コンピュータによる設計システムの導入により生まれた、当時の最新技術の象徴ダイナグライド・フレームから名付けられたものの、斬新すぎるスタイルのためか発売当時は人気モデルではありませんでした。

しかし、試行錯誤の末、FXDLダイナローライダーのオリジナルモデル「FXS ローライダー」の爆発的人気を機に、ハーレーの中でも人気のファミリーへと成長。

現在も、スピード感と力強い激しくエンジンを感じる事ができる総合力の高いモデルとして人気の高いハーレーと言えるでしょう。

ダイナファミリーの特徴

ビッグツインエンジンでスポーティな走りを楽しめるのが特徴と言えるダイナファミリーは、2018年からハーレーファミリーのラインナップから消えてしまいました。

しかし、ハーレーと言えばダイナファミリーをイメージする人も多く、ダイナが伝統的なスタイルを守りつつハーレーがカスタムテイストを純正に取り入れた最初のファミリーであることから、その人気は根強いです。

ダイナの乗り心地は、2000年に登場したラバーマウント採用のツインカム88からは不快な振動はほとんどなくなったため快適で刺激的なものとなっています。

ロングツーリングから街乗りまでオールラウンドにこなせることから、幅広い年齢層から好まれ、車高が低い車種もラインナップされているため女性人気も高いのが特徴です。

残念ながらファミリーのラインナップからは消えてしまいましたが、人気モデルはソフテイル統合されているので、いつの日か復活してくれることを期待しています。

ハーレーダビッドソン 2019年モデルのすべて

ハーレーダビッドソン 2018年モデルのすべて

ハーレー115年の真実

>あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

手放すならなるべく高く買い取ってくれて尚且つ楽チンなのがいいですよね。そこで、買取出張サービス会社と一括見積サービス会社を行なっている会社さんをご紹介します。

CTR IMG
メールで更新情報を受け取る

LoveHarleyサイトの更新情報をメールで受け取ることができます。
(配信頻度:月に1回程度)