ミラー交換!ハーレーを自分でカスタム

3分で見る!スポーツスターのミラー交換方法

動画は英語ですが、簡単な日本語訳とミラー交換の流れがありますので、動画で手順を確認しながら、日本語のミラー交換の流れを見ると分かりやすいかと思います。

ミラー交換に使われている車体は、2012年のスポーツスター72です。

この動画には2つのポイントがあります。

1つ目はミラーを交換する際には、ウィンカーを外す必要があること。

2つ目はボルトにロックタイト(ネジロック)を利用することで振動によるネジの緩みが軽減できるようにすることです。

日本語訳を見る

こんにちは、みなさん!
J&Pサイクルのシェーンです。

今日は、ハーレーのミラー交換方法の短いハウツービデオを紹介します。

2012年スポーツスター72を使います。

このミラー交換方法は、とてもシンプルで簡単な工程なので、ハーレーのほとんどのモデルで利用できます。

さあ、はじめよう!
先に進むには、ウィンカーを取り外さなければなりません。

まずはじめにやることは、ウィンカーを固定しているアレンボルトを緩める必要があります。
そして、ミラーを取り外すために、ミラーの底にあるネジにアクセスできるようにします。

新しいミラー取り付ける時に、底からボルトで留めるので、邪魔にならないようにしなければならない。

次にやることは、ウィンカーを留めている底のボルトを緩めて、ナットを全て外します。
全て終わらせたら、上からミラーを持ち上げてとります。

新しいミラーは古いミラーのようにロックナットの代わりにボルトを使っています。

緩まないようするために、ボルトに少量のロックタイトを塗布したら、新しいミラーの設置にかかります。

底からボルトを通したらミラーステムに合わせて、ナットで軽く固定します。

好きな場所を決めます。私は普段はレバーに合わせると丁度良い。

場所が決まったらぴったりと固定します。

販売されている多くのミラーはビレットアルミニウムが使われているので、締めすぎないようにしたい。

振動からの緩みをロックタイトが役立ってくれます。

ウィンカーを元の位置に戻します。

最後にもう一度、方向指示器が前方を向いていることを確認してください。

ミラー交換の流れ

  1. ウィンカーを固定しているアレンボルトを緩めてウィンカーを外す
  2. ミラーを留めているボルトの底のナットを緩めて外す
  3. ミラーを持ち上げて外す
  4. 新しいミラーのボルトに少量のロックタイトを塗布する
  5. 新しいミラーを取り付ける
  6. 底からボルトを通してミラーステムに合わせたら回して軽く固定する
  7. ミラーの位置を決める
  8. ミラーをしっかりと締めて固定する
  9. ウィンカーを元に戻して固定する
  10. ミラーとウィンカーの位置や取り付け具合を確認したら完了

ハーレー純正のおすすめミラー

テイルフィン・カスタム・ミラー

プロファイル・カスタムミラー/スロットステム

バックショット・ミラー サテンブラック

ティアドロップ・H-D ロゴ・ミラー

スカル・ティアドロップミラー

ミラー ワンピース・ショートステム Live to Ride

ネジの緩みを防いでくれるロックタイト

LOCTITE ねじロック 243 中強度タイプ 10ml

created by Rinker
ヘンケルジャパン(Henkel Japan)
¥520(2019/11/16 21:31:42時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事

6分で見る!BREAKOUTのミラーカスタム方法ブレイクアウトにクリアキンのディアドロップミラーを取り付けている動画になります。動画の中では高さを出したくないとのことで、アンダー(ミラー逆取り付け)で取り付けをされています。[…]

>あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

手放すならなるべく高く買い取ってくれて尚且つ楽チンなのがいいですよね。そこで、買取出張サービス会社と一括見積サービス会社を行なっている会社さんをご紹介します。

CTR IMG
メールで更新情報を受け取る

LoveHarleyサイトの更新情報をメールで受け取ることができます。
(配信頻度:月に1回程度)