ハーレーのマフラー交換!ロードグライド編

車体は2015年モデルのロードグライド。
取り付けるマフラーは、Vance&HinesのOverSized450スリップオンマフラーです。

8分で見る!ロードグライドのマフラー交換動画

日本語での詳しいマフラー交換動画が少ないため、海外のYoutube動画で紹介します。

動画内は全て英語ですが、日本語訳と日本語手順を用意しました。
一度動画を見てから、日本語訳や手順をみると分かりやすいと思います。

6分50秒から純正マフラーと新しく取り付けたVance&HinesのOverSized450スリップオンマフラー音を聞くことができます。

日本語訳を見る

How to Install Vance & Hines Slip-on Mufflers by J&P Cycles
「バンス&ハインズ スリップオン マフラーの装着方法」J&Pサイクル

00:00
J&Pサイクルのパトリックだ。

00:02
今日は、2015年型ロードグライドにスリップオンマフラーを取り付けよう。

00:06
バンス&ハインズの450マフラーのセットを使おう。

00:09
だが、最新モデルのツーリングバイクなら、マフラーの装着方法はとてもよく似ている。

00:15
バッグを取り外して、仕事を始めよう。

00:20
装着に必要な工具は、2分の1インチ(12.70mm)レンチ、16分の9インチ(14.29mm)レンチ

00:25
4インチ拡張付きの8分の3インチ(9.53mm)歯止め、スタンダード2分の1インチ(12.70mm)ソケット

00:30
16分の5インチ(7.94mm)深型ソケット、信頼できるトルクレンチだ。

00:37
バッグを取り外すのは簡単だ。もし簡単に外せないなら、このマフラーの装着も諦めた方がいい。

00:52
バッグが外せたら、いよいよ本格的にビジネス開始だ。

00:55
今からマフラーを外すが、向こう側でやって見せる。鏡と同じで、やり方は右でも左でも全く同じだ。

01:03
まず初めに、ここにあるクランプを緩める。

01:06
緩めるためには、ここのボルトを取り外す必要がある。

01:10
走行距離がまだゼロか、ゼロに近いバイクでも、マフラーを外すのが難しい事がある。

01:17
強く上下に揺らしたりして、緩めていく必要があるだろう。

01:21
まずはこのクランプを緩め、そっちを取り外そう。

01:25
このクランプは16分の9インチ(14.29mm)。

01:27
深型ソケットの使用を勧める。そこそこ厚みがあるスタンダードなネジが使われているからだ。

01:33
まあ、俺のやり方なので、もちろんレンチも使える。深型を使うと速いというだけだ。

01:38
緩められたのが見てもらえるだろうか?ちゃんと緩んでいる事を確認してくれ。

01:44
2分の1インチ(12.70mm)に持ち替え、ここに戻ってボルト2つを外す。

01:51
これで、マフラー後方がずり落ちるはずだ。

01:58
ロックウォッシャーがでてきた。

02:01
これらはもう使わない。バンス&ハインズの部品が、必要な分全て付属されている。

02:08
元々付いていたのは、ガレージの自分のボルト入れにでも放り込んでくれ。

02:14
緩めたので、ここでグロメットからブラケットを引っ張り外す。

02:23
グロメットはその後も使うので、傷つかないように気をつけてくれ。

02:29
取り外しだが、気をつけながら色々な方向に引っ張ってみてくれ。

02:35
まだヘッドパイプに装着されているので、あまり力を入れ過ぎないように。

02:38
他の場所が緩んでしまわないように気をつけながら、右手を少しひねってグラグラさせながら取り外す。

02:50
さあ、取り外せた。

02:53
外したストックマフラーがこれだ。続いて反対側も同じやり方で外し、新しいマフラーを装着しよう。

02:59
450にはこんなブラケットが2つ付いてくる。それぞれが決まった場所に取り付けられる。

03:07
グロメットには、カーブした場所には内側のカーブした場所がはまる。

03:11
ストックグロメットにはこの部品をスライドする。はめにくいかもしれないががんばってくれ。

03:21
きつくはまるのはいい事だ。どうしてもはまらなければ、新しいグロメットが必要だという事だ。

03:33
うまく入ったら、この辺の穴が一列になるようにする。

03:40
ではマフラーを取り付けよう。マフラーには左右がある。

03:43
その見極め方は、ここにあるショックのための刻み目だ。

03:49
マフラーはこんな感じで取り付ける。ショックのための刻み目が少し入れられている。

03:54
このマフラーについては、内側に出っ張りがある。

03:57
正しく取り付けたら、バンス&ハインズのロゴが外側に来る。

04:01
正しい側を取り付けよう。

04:06
添付のクランプを、マフラーに取り付ける。

04:10
マフラーがバイクに装着された時、クランプは端に、クランプのボルトが内側に、

04:17
下向きなのでアクセスできる。少し隠れているが触れることができる。

04:20
一杯いっぱいまで緩めて取り付けるが、はまり方はかなりきつい。

04:27
何か器具で叩いてでもはめてくれ。今回のは手でもはめられそうだ。

04:34
クランプがついた。これをヘッドパイプの上に滑らせて取り付ける。

04:40
これも少し手間がかかるかもしれない。

04:48
奥まで入っているかを確認してくれ。それ以上は入らなくなるので、奥まで入ったか分かる。

04:53
ブラケットを回して、裏側が黒いブラケットの穴と一直線になるように持って来る。

05:02
全体を支えるのが、2箇所のネジはめ口がある小さなドッグボーンだ。

05:08
こちらを向くようにして、内側のここに差し込む。

05:13
添付のボルトをブラケットの裏側の穴に入れれば、これが全体を固定してくれる。

05:24
表側のボルトの方が簡単だ。今いる場所からよく見えるからな。

05:30
表側のボルトを入れ始めれば、裏側もさらに一直線にしやすいだろう。

05:40
全部を指でよく締めよう。

05:43
マフラーを2つとも取り付け、指で可能な限り締めた。

05:46
ここからは、マフラーが後ろに両側ともバランス良く取り付けられているか

05:52
上から見て、押し入れたり出したりしてバランスを調整してくれ。

05:58
これでパイプが両側に取り付けられたので、全部のネジをきっちり締めていこう。

06:02
クランプには40ポンド、ブラケットには18ポンドだ。

06:06
急いでエンジンをかける前に、必ずパイプから指紋を拭き取ってほしい。

06:14
指紋が焼き付けられてしまうからだ。

06:17
トラック競技と言うよりはマラソンのような地道な作業だが、最後に必ず勝つためだ。

06:45
ストックマフラーを付けてバイク音を録音してみた。

06:49
このバッドボーイな音を聴いてくれ。

06:53
(画面上の文字)
ストック排気音

07:02
(画面上の文字)
バンス&ハインズ スリップオン排気音

07:14
ストリートで滑走中、シートからこの響きを感じられるだろう。

07:17
もちろん音もよく聴こえる。

07:19
マフラーについてよく聞かれるのが、バイクにマフラーを付けたら

07:22
フューエルコントローラーも必要かという点だ。

07:25
絶対に必要では無いが、ガソリンを増やさずにモーターへの空気フローを増やしているので

07:31
バイクに負荷をかけているのは確かだ。

07:34
バイクに負荷がかかっているし、普段よりも熱を発する傾向はある。

07:37
だから、フューエルコントローラーの装着をお勧めするし

07:40
バンス&ハインズのフューエルパックFP3は、このマフラー用に作られているし

07:44
装着も簡単だ。

07:46
まとめると、絶対に必要な訳では無いが、取り付けるのをお勧めする。

07:50
何か質問があれば、800ナンバー(米国内のみ可能)に電話するか

07:54
オンラインでチャットもできる。動画セクションでコメントを残してくれてもいい。

07:58
バイクに手をかけてくれ。

08:00
(画面上の文字)
部品・アクセサリ・アパレル
カスタマーサービス
注文
ライブチャット

マフラー交換の手順

取り外し手順

  1. サイドバッグを取り外す
  2. 9/16インチの深型ソケットで、クランプのボルトを緩める
  3. 1/2インチのソケットで、マフラー上のボルト2本を外す
  4. グロメットからブラケットを引っ張り外す
  5. 右手を少しひねって、グラグラさせながらマフラー取り外す
  6. 反対側のマフラーも同じ手順で外す

取り付け手順

  1. グロメットに新しいブラケットを取り付ける
  2. マフラーを取り付ける(左右があるので、バンス&ハインズのロゴが外側になるように設置)
  3. クランプをマフラーに取り付ける(固い場合はハンマーなどで軽く叩いてはめる)
  4. マフラーをヘッドパイプに取り付ける
  5. ブラケットを回して、裏側が黒いブラケットの穴と一直線にする
  6. ドッグボーンを取り付けて、ボルトを指で締める
  7. 反対側のマフラーも取り付ける
  8. 左右のマフラーの位置を調整する
  9. 位置が決まったらすべてのネジをしっかり締める(クランプ約18kg、ブラケット約18kg)
  10. マフラーの指紋をふき取る

マフラー交換で使用している工具

  • 1/2インチレンチ
  • 9/16インチレンチ
  • 3/8 ラチェット・エクステンションバー
  • 1/2インチソケット
  • 9/16インチディープソケット
  • トルクレンチ

1/2インチ レンチ

9/16インチ レンチ

3/8インチ ラチェット

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥1,130(2019/08/23 00:27:22時点 Amazon調べ-詳細)

3/8インチ ラチェット エクステンションバー

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥912(2019/08/23 09:26:16時点 Amazon調べ-詳細)

1/2インチ ソケット

9/16インチ ソケット

3/8インチ トルクレンチ

created by Rinker
イーバリュー(E-Value)
¥3,238(2019/08/23 00:27:23時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事

ここでは、マフラー交換で使う基本の工具とマフラー交換後の注意点を紹介しています。マフラー交換の手順や動画は、下記ページでみることができます。→ハーレーのマフラー交換!スポーツスター編→ハーレーのマフラー交換!ロードグライド編[…]

>あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

手放すならなるべく高く買い取ってくれて尚且つ楽チンなのがいいですよね。そこで、買取出張サービス会社と一括見積サービス会社を行なっている会社さんをご紹介します。

CTR IMG
メールで更新情報を受け取る

LoveHarleyサイトの更新情報をメールで受け取ることができます。
(配信頻度:月に1回程度)