ハーレーのマフラー交換に必要な工具と注意点

ここでは、マフラー交換で使う基本の工具とマフラー交換後の注意点を紹介しています。

マフラー交換の手順や動画は、下記ページでみることができます。
ハーレーのマフラー交換!スポーツスター編
ハーレーのマフラー交換!ロードグライド編

マフラーに交換に必要な工具

3/8インチ ラチェット

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥1,130(2019/07/17 09:47:15時点 Amazon調べ-詳細)

グリップ部分が滑りにくくて握りやすいものが使いやすいです。
また、ヘッド部分がコンパクトなものだと狭い部分でも作業できるので、使い勝手がいいです。

3/8インチ トルクレンチ

created by Rinker
イーバリュー(E-Value)
¥3,356(2019/07/17 09:47:15時点 Amazon調べ-詳細)

ボルトやナットなどを締めるときに、トルク値で正確に締め付けることができるので、1つ持っていると便利です。

9/16インチ ディープソケット

ディープソケットは扱いやすい長さ(深さ)なので、マフラー交換の時にあると重宝します。

1/2インチ ソケット

マフラー交換動画や手順で必ず出てくる1/2インチのソケットは、必須アイテムです。

ピストンリング プライヤー

created by Rinker
サニーアワーズ(Sunnyhours)
¥1,330(2019/07/16 14:57:05時点 Amazon調べ-詳細)

ピストンリングの取外しや取付け作業が楽になるアイテム。
マフラーのリテーニングリングの取り外しにも使えるので、持っているとGOOD。

浸透潤滑剤 ラスペネ

created by Rinker
ワコーズ(Wako's)
¥1,234(2019/07/16 14:57:06時点 Amazon調べ-詳細)

ラスぺネは、実力も人気もNo.1。
固いナットやボルトを外すときやサビが凄い時に大活躍してくれる浸透タイプの潤滑剤です。
頑固な場合は、前日にスプレーして放置するのがおすすめです!

ネジ焼付防止材

created by Rinker
LOCTITE(ロックタイト)
¥1,193(2019/07/16 15:35:49時点 Amazon調べ-詳細)

ネジやボルトが熱で焼けてしまうことや、腐食するを防いでくれる高品質なグリースです。

マフラー交換後の注意点

装着後のネジの緩みに注意

マフラーを取り付けた後は、エンジンの振動やボコボコ道の振動でボルトやネジが緩みやすいため、ある程度の距離を走行するまではこまめにネジが緩んでいないかをチェックするのがおすすめです。

私はスリップオンマフラーを自分で取り付けた時に、マフラーが取れて地面に落下したことがあります。

たまたま自宅の庭でとれたので事故などにもならず良かったですが、高速道路だったりするとかなり危険なのでご注意ください。

マフラー交換後の煙

新しいマフラーをつけて少し走ると、煙っぽいのものが出ている時があります。

カスタム好きの方に聞いたら、新品のマフラーの場合は油などついているので煙や匂いが気になることがあるそうです。

でも、走っているうちになくなってきます!
中古のマフラーを取り付けた時は煙は出なかったです。

関連記事

日本国内の動画ではマフラー交換の詳しい動画が少ないので、海外の英語版動画ご紹介します。約3分半の短い動画になので、さらっと見ることができます。動画下部に日本語訳と日本語のマフラー交換手順を記載してありますので、 動画でマフラー交換[…]

関連記事

車体は2015年モデルのロードグライド。取り付けるマフラーは、Vance&HinesのOverSized450スリップオンマフラーです。 8分で見る!ロードグライドのマフラー交換動画 日本語での詳しいマフラー交換[…]

>あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

手放すならなるべく高く買い取ってくれて尚且つ楽チンなのがいいですよね。そこで、買取出張サービス会社と一括見積サービス会社を行なっている会社さんをご紹介します。

CTR IMG