ハーレーを買う前に

ハーレーの自動車税

大型バイク自動車税の知識

ハーレーは2輪の小型自動車(250ccを超えるもの)です。
軽自動車税は、1年間で6,000円かかります。

バイクや車を所有すると、自動車税という税金がかかります。
もちろん、ハーレーを所有する場合はこの税金を支払わなければなりません。

自動車税とは、自動車の所有者に対して課税される財産税の一種で、道路を使用することに対して、その整備費などを負担するというものです。

ということで、ここでハーレーを持つと必要になる重量税と軽自動車税についてご紹介します。
これから、バイクや車を購入予定の方には役立つ情報です。

自動車重量税

原付バイクは重量税はかからないのですが、排気量125ccを越えるバイクは排気量に応じて重量税を支払わなければなりません。
重量税はバイクの排気量で変わってきます。
重量税は経過年数に応じて変わってきますが、ハーレーの場合は401cc超えなので、登録してから12年までは年間1,900円になります。
新車購入時の場合は3年分を支払う必要があります。重量税は車検ごとに支払うのですが初回車検は3年後になるので、新車購入時は3年分を支払うことになります。

車種区分 自動車重量税
原動機付自転車 50cc以下 0円
50cc超90cc以下 0円
90cc超125cc以下 0円
ミニカー 0円
軽二輪(125cc超250cc以下) 4,900円
小型二輪(250cc超) 4,900円
大型二輪(401cc超) 年1,900円(登録後12年まで)
年2,200円(登録後13~17年)
年2,500円(登録後18年以上)

(2019年1月現在)

支払い方法

自動車重量税は車検の時に一緒に支払っているので、自分で納付する必要はないです。
新車でも中古車でも直接自分で支払いのではなく、車検とセットで国に納税するかたちになります。
支払うタイミングは新車購入時の場合は3年分です。次は車検の時になるので2年ごとになります。
車検時が支払い時期になるので、中古車の場合は次の車検の時に支払います。

軽自動車税

毎年4月1日の時点でバイクを所有している人が支払わなければならない税金になります。
排気量などは関係なく、下記の表通りになります。
ハーレーは、小型二輪(250cc超)なので6,000円になります。

車種区分 軽自動車税
原動機付自転車 50cc以下 2,000円
50cc超90cc以下 2,000円
90cc超125cc以下 2,400円
ミニカー 3,700円
軽二輪(125cc超250cc以下) 3,600円
小型二輪(250cc超) 6,000円

(2019年1月現在)

支払い方法

軽自動車税は毎年4月頃に市役所から納税通知書が郵送されてくるので、納付額を納期限までに支払いを済ませます。
コンビニ・銀行・郵便局窓口などで支払えます。

実店舗を持つハーレーパーツのネットショップ

ハーレーのパーツやマフラーを直輸入しているパインハーレーなら、ハーレーのマフラーを「モデル別」「ブランド別」から探すことができます!
マフラーの商品詳細ページでは、動画でマフラー音を聞くこともできるので、とっても便利です。

公式サイトを見る

関連記事

  1. 調べておこう車庫
  2. 大型免許取得までの道のり
  3. 全国のバイク駐車場
  4. ハーレー乗るなら忘れちゃいけない保険!自賠責保険・任意保険・車両…
  5. 知っておきたい盗難
  6. ハーレーダビッドソン認定レンタルバイク
  7. 車検の基本知識
  8. バイク任意保険に悩む方必見!バイク保険比較でカンタン無料一括見積…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ハーレーダビッドソンのキッズ特集
  2. 全国のバイク駐車場
  3. ハーレーダビッドソン認定レンタルバイク

おすすめ特集

PAGE TOP