いろいろ勃発!朝霧高原キャンプツーリング(゜ Д゜ ;)

ごめんなさあああい!といきなり謝罪から入ったそいつの名、それは誰かと問われたら、それは輩と答えます(^^;
まいど!
ツーリングには何かとトラブルが付き物でそれも後々思い出になるとは言いますが、いやいやホントに申し訳ないm(_ _;)m当事者ほんとに凹みます…
え?何が起きたかって?!はい。今から今回の朝霧高原キャンプツーリングでの出来事、赤裸々に綴って行こうではありませんか…
今回のツーリングは数週間前、道志キャンプツーリングでキャンプに目覚めたいつもの参加メンバーたちと、輩のショップ関係のハーレー仲間たちとの合同キャンプツーリング!いやー楽しみでございます♪意気揚々と4時に起床した輩、天気予報に反して雲の広がる空でさえ、アドレナリンでテンションのあがった輩にはノープロブレム。しかしそんな輩はこれから自分の身にふりかかるトラブルなど知るよしもなかったのである。
第一集合場所はガソリンスタンドと併設された六角橋のドトール。なんと24時間ドトール!給油も待機もできるとは。こんなとこあったのね(笑)その集合場所直前の交差点。バックミラーに映るはハイバーハンドルを搭載したハーレーのシルエット♪おお!ヘリテイジのAさんやないすか!おはよーございまーす(´ω`)ノおひさっすー、ということで2台はそのままドトールへと向かう。ドトールには既にスポスタOさんとスポスタNさんが♪おはよーございまーす&はじめましてー(´∀`)ノと挨拶を交わしスポスタKさんを待つ。するとKさんから直接246あたりで合流するとの連絡。では向かいますかぁとスポスタ×2台、輩スプリンガー、ヘリテイジの計4台は出発!裏道をくにゃくにゃっと走って環状2号へ。Oさんすごい道知ってますね(笑)!第二集合場所へと向かうべく一行は愛馬を駆ったのであります。
秋の空気、キンモクセイがほのかに香るこの輩が大好きな風の中、季節の移ろいを肌で感じながら走ること数十分、車の量はそこそこ。保土ヶ谷バイパスを抜け246。この季節を堪能するバイク乗りもちらほら♪うーんいいねぇ☆前方にハーレーが2台。お?(*^ω^*)同じようにキャンプに向かうのかなー?って!pikapikaさんとvinoさんやないすかあああ!なんと走りながら合流。おはよーございまーす♪そしてなんとなんとそのすぐ先の路肩に246で直接合流と言ってたKさんが!何故だか中央分離帯?みたいな微妙な場所(笑)に皆さまハーレーを停車し、取り急ぎパパッと挨拶!いざ出発!246から412号、60号、64号を経てやってきました第二集合場所。宮ヶ瀬湖鳥居原公園!お!いましたいましたmaruさんです!そして初顔合わせのKBさん!ここで一同は自己紹介。皆の荷台はキャンプグッズがてんこ盛り♪さぁそれではということで、次の休憩ポイント、道の駅道志へと出発!そう!ラブハーレー道志キャンプツーリングに参加した面々が数週間前に訪れた場所でもあります♪
この季節はさすがにもう肌寒い。丈の短い夏用グローブと革ジャンの隙間から入り込む風が体温を奪って参ります。寒っ!そしてたどり着いた道の駅道志。ワイルドな地響きとともに現れた軍団にアツイ視線?!が投げかけられます。トイレ休憩としばしの歓談。皆の衆会話も弾みます。輩、Aさんお薦めの味噌付けニンニクを購入!さぁ出発です。バイク乗りに人気のここ道志道をひた走り、一行は山中湖方面へと進んいく。ふーむ♪楽しみだのう♪富士宮名物焼きそば!このペースだと昼前には食えるなぁ♪腹へってきたよ☆適度なワインディング、前後に連なる隊列。ロードキャプテンOさんの快適な走行を2番手ペーサーの輩がスピード調整(笑)そして山中湖を越えルート730、三国峠あたりを走行中、その悲劇は突如として輩を襲う。時刻は10時を回ったところ。ギアチャンジをしようとした輩のクラッチ、いきなりスカスカに!急にトルクがかかりエンブレ急制動状態!ズバンズバンとマフラーからはアフターファイヤ。ぬおおおおい!
( ̄○ ̄;)!なにこれ!ファザード点灯と同時にどうにかエンストさせてストップしたものの下手すれば危うく転倒の危機。ニュートラルに入れられずクラッチも切れないので再始動もできない状態。ギア繋がりっぱなしなので火を入れるとドンッと発進してしまう。当たり前ですね…クラッチワイヤー切れたか…?先に走り去った数台も何事かとUターン、後続はいきなり停まった輩に『ん?撮影タイムか?(゜∀゜)♪』いえいえ違います!
(>_<)トラブルっす!皆さん路肩にバイクを停めて輩のハーレーを取り囲む。クラッチケーブルのジャバラをずらし、ワイヤーをチェックするも断線なし。うーむ…ミッション開けて中を見るも切れてない。なのに何故にこんなに緩むのさ…ダービーカバーを外してワイヤーのテンション調整しようとするも、今度は工具なし…11/16ソケットなんか持ち歩かないっすよ…しかもどっちにトルクかけてよいのか分からん…ヘックス、トルクス、メインのインチソケットとラチェット、モンキーとラジオペンチとある程度の工具は積んでたものの足りない…。車載もってる方からレンチ借りたりして皆でいろいろとチャレンジしたがお手上げ。今回は結局車載だけでは解決できなかったが、教訓。少なくとも車載工具は必須…でも積むところないんだよな…さあ手詰まった仲間と輩。ディーラーとHOGロードアシストに電話。とりあえず回収の目処がたったのでメンバーには先に行ってもらうことに。皆さん、ご迷惑をかけました…いっぱい助けてくれて有り難うございます…目に涙を浮かべ(いやほんとにそんな気持ちでしたから;)仔猫のように淋しさに打ち震え(いやまぢでそんな気持ちでいっぱいでしたから!;)一行を送り出した輩。牽引車が11時30分にくるまでの独りぼっちの約1時間、しょんぼりと今回のツーリングの断念を思い描き肩を落としていたのであります。何よりも皆の走行を止めてしまったことに申し訳ない気持ちでいっぱいだったのでした。ドナドナドーナードーナー…子牛をのーせーてー…という物悲しいメロディが頭に渦巻きリフレインしていたときの画像がこの画像。トラックの荷台に固定されたスプリンガー。トラックの助手席でしょんぼりする輩。その運転手さんがいい人でいろんな体験談を聞かせてくれました!風邪治して身体労って下さい!ってか休みなさすぎっすよそれ(∋_∈)そして運ばれた小田原のディーラー。あぁ…皆俺の分まで楽しんでね…と思いながらメカニックの方の作業を見ていると、ん?直った?!なんとトラブル発生時工具なく断念した部分を一度緩めて締めなおすことで復活したではありませんか!原因なんすか!と聞く輩に開けてみないことにはとの回答。むー、開けるとなると時間的に合流は無理、日が暮れてからの明かり一つないワインディング峠でそれこそスタックしたらもうやってられません。試しにクラッチを握ってみる。問題なさそうだ!もし何か起きた時のためにメカニックの手元も観察して手順もなんとなく覚えた。よっしゃー!いけそう!キャンプ断念せずに済む!輩、愛馬に火をいれる。ズズンっ!と応えるスプリンガー。地図でルートを確認した輩。オークリーのモンスタードッグ、黒のシェードをビシッと装着しなおし、いざ仲間たちの元へ!再び輩は走り始めたのであります!つづきはまた♪

初心者からベテランまで!電話相談OK

ハーレーツーリング関連の最新記事8件

>あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

手放すならなるべく高く買い取ってくれて尚且つ楽チンなのがいいですよね。そこで、買取出張サービス会社と一括見積サービス会社を行なっている会社さんをご紹介します。

CTR IMG