ハーレーを長期保管するときのお手入れ

バイクの長期間保管の時にしておくことの 1つ目は、ガソリンのメンテナンス。
2つ目は、バッテリーのメンテナンスになります。

冬場などで1ヵ月以上バイクに乗らない時にもおすすめなので、是非動画を見てみてください。

動画内で使用されていた商品もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

ハーレーの長期保管お手入れ方法動画

ハーレーを長期間保管したいときに、やっておきたい2つの事を紹介している動画です。

長期保管のお手入れ方法手順

  1. ガソリンタンクにガソリンを満タンにする
  2. ガソリンタンクにフュエルスタビライザー約半分入れる
  3. バッテリーチャージャー(バッテリーテンダー)を設置する

フュエルスタビライザー

動画内で使用されていたガソリン劣化防止剤になります。
ガソリンタンクにガソリンを満タンにしてから投入して使用します。

約1年間ガソリンの劣化を防いでくれて、フレッシュな状態を保ってくれます。

バッテリーチャージャー

長期保管を終えた時にすぐにエンジンをスタートするために、バッテリーをフル充電にするために使用します。

自然放電や過充電を防いでくれるので、長期保管の時や冬であまりバイクに乗らないときにおすすめです。

ハーレーを長期保管するときは、雨風と埃などをしっかりと防げるようにしておくとサビを防ぐことができますので、バイクカバーをして汚れないようにするのもおすすめです。

おすすめバイクカバーは下記で紹介しています。

関連記事

ハーレーのバイクカバーを選ぶ時のポイント ここでは、おすすめのバイクカバーを4種類を紹介します!ハーレーのバイクカバーを買う時に一番気をつけたいのが、当たり前ですが「サイズ」です。ハーレー対応や大型バイク対応などを選ばないと入らな[…]

ハーレーを長い間乗らない時には、盗難対策もばっちりしておくと安心です。

知らない間に盗難されてしまわないように、簡単にできる最低限の盗難対策を下記でご紹介しています。

関連記事

憧れのハーレーを買って、すぐに盗難なんてされたらショック!アメリカンバイクの王様ハーレーだからこそ盗難されやすいので要注意!念願のハーレーを買って気分はウキウキ!なんて時に愛車が盗難されてしまって、ショックで立ち直れないな[…]

ハーレーを長期保管をしていると、メッキやホイールなどが錆てしまう時があります。

錆びてしまったらサビ取りを行えばよいのですが、一度ついてしまった錆を取るのは時間がかかって大変なので、事前にサビ予防やサビ対策をしておくのもおすすめです。

下記ではサビ予防に人気の保護剤を紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

関連記事

ハーレーのクロームメッキ部分を綺麗に保ちたい方や「メッキ保護剤メッキングって本当に効果あるの?」っと思っている方必見です。このページを読めば、なぜ、 メッキ保護剤メッキング がおすすめなのかが分かっていただけるかと思います。ガラス被膜のコ[…]

最後にハーレーのお手入れ方法です。

長期保管の前にはしっかりとハーレーを洗車して、隅々まで綺麗にしておくのがおすすめです。
汚れを落としておくことで、サビを予防にもなります。

関連記事

ハーレー初心者の方が愛車を手に入れたら、まずはじめに洗車方法を覚えるのがおすすめです!ツーリングに行くとほこりや土や虫などで結構バイクが汚れるのですが、そのまま放置してしまうと錆びてしまったり、落とせない汚れになってしまうので、時[…]

>あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

あなたの愛車は今いくら??ハーレーの出張買取や買取一括見積りサービス

手放すならなるべく高く買い取ってくれて尚且つ楽チンなのがいいですよね。そこで、買取出張サービス会社と一括見積サービス会社を行なっている会社さんをご紹介します。

CTR IMG