ハーレーツーリング関連

ハーレー乗りの今日のつぶやき:台湾YAMAHAシグナスXスポーティ2010

まいど!輩っす!
(^ω^)ノ
皆様、原付に詳しいですかね?正直輩はさっぱりわからぬ。輩、これまでHONDAのライブDIO(規制前仕様)なるものをもっておりましたが都合により手離し、125ccの原付二種に乗り換えた。大ざっぱに言ってしまえば50ccを原付一種、90ccとか125ccを原付二種というようだ。ちなみに90ccのナンバープレートは黄色で125ccはピンク。原付一種に比べると、法定速度走行が可能(一種は30キロ制限)、二人乗り可能、二段階右折しなくてよい、などメリット多数。であるにも関わらず諸々の費用が原付一種と大差ないため、何気に持ってると重宝するのが原付二種。通勤に使うサラリーマンも多いようだ。
125cc。これを『ひゃくにじゅうごcc』と読んでいるようではまだまだ甘い。『ワンツーファイブ』と言うとちょいとかっちょええ!らしい(笑)
で、輩、小型で取り回しやすそうな車体、出だしからスピードにのれる、といった側面から最初はSUZUKIのaddress125を検討していたのだが…ちょいとシート下が小さすぎ(^ω^;)あと中古でも価格高い。などいろいろと考えにゃならん面が生じた。で、ネットや後輩に聞いたりしていろいろ調査した結果、YAMAHAのシグナスへと辿り着く。
シグナスには国産YAMAHAと台湾YAMAHA製があるという。国内の規制事情?のせいだか知らんが、台湾YAMAHAのシグナスXは国産のスペックを上回る。で、実際に乗ってみたわけだ。
侮れねぇ!ってか速えぞコレ!しかもサスもブレーキも贅沢仕様でテールランプなんぞはLEDだ。ハザードやパッシングライトも装備。エンジンかけたままシートが開けれるのもよいね。サイドスタンドとセンタースタンドの両方を有し、FI(フューエルインジェクション)仕様。キーシャッターという鍵差し込み口の破壊行為を回避する機能も搭載。アナログメーターはタコメーター。速度や時計や残燃料などは全てデジタル表示だ。
見た目は結構イカチー感じ。写真がそれ。
50、60喜んで!ではなく50キロ、60キロはあっという間に出る。見た目に反して取り回しやすいし、これ意外と正解だったかも?!
ではでは!
(^ω^)v

関連記事

  1. ハーレー乗りの今日のつぶやき:秩父長瀞キャンプツー報告その2
  2. ハーレー乗りの今日のつぶやき:三寒四温
  3. バイク乗り必見"おすすめキャンプグッズ&…
  4. ハーレー・ダビッドソン2009年モデル情報その2
  5. 横浜桜木町アートな壁画の道
  6. ハーレー乗りの今日のつぶやき:志賀草津キャンプツー報告その5
  7. ハーレー乗りの今日のつぶやき:志賀草津キャンプツー報告その3
  8. ハーレー乗りの今日のつぶやき:雲見キャンプツーリングその3

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【東京都小平市】普通二輪MT免許でOK!教習所試乗会
  2. 【東京都葛飾区】普通2輪免許・ハーレー昼休み試乗会 in 京成ドライビングスクール
  3. LoveHarleyサイトがリニューアルしました!

おすすめ特集

PAGE TOP