ハーレー大好き日記

献血って大事だな~

今日は、最近あった出来事について書きたいと思います。

この日をきっかけに、人生や生きることについてとても深く考えさせられました。

 

先日、知人が救急車で運ばれました。

そして、緊急手術と入院になってしまいました。

 

そのときに、出血性ショック状態になっていたため、輸血が必要との事でした。

 

とにかく出血を止めないと命に関わるため、病院に到着後に診断をしてからは、あっという間に手術室へ。

 

手術は3時間くらいで無事に終わって、一安心でした。

 

その後、2日間に渡って輸血をして、手術の傷跡以外の部分はすっかり元気になってました。

 

一緒にいた私は、数時間、数分前まで普通に生活していた人が、ある日突然、病気や怪我によって生死をさまようことがあるんだなっということを痛感しました。

 

病院の先生いわく、運が良かったと。

救急車で運ばれたことで早く病院に行けたこと、受け入れ先の病院がすぐに見つかったこと、搬送先の病院に専門の医師がいたこと、手術室が空いていたこと。

出血がひどく緊急事態だったので、すべてのタイミングが揃っていなかったら、命が危なかったと。

 

人は人に支えられて生きているんだなっと強く感じました。

 

さらに、見えない部分で間接的にお世話になっているのがどのたかが献血してくれたことによって輸血してもらえた血液です。

 

この事が無かったら、私自信、献血や血液のことを深く学ぶ機会はなかったなと。

 

私も過去に5回くらい献血をしたことがあるのですが、困っている誰かが助かるならっと思うくらいで、特に深く考えていませんでした。

また、街中で献血のキャンペーンをしているのを見ると、「何でいつも献血をしているのだろう?そんなに血液が必要な病気が怪我があるのかな?」っと思っていました。

 

何故かといいますと、私は献血した血液は冷凍していつまでも使用できると思っていたからです。

しかし、実際は違いました。

 

血液は種類や成分によるのですが、採血してから短いものですと24時間、長くても1年くらいしか保存できないみたいです。

だから、慢性的に血液不足で献血のお願いをしているのに、その意味が分かっていなかったのです。

 

次に驚いたのが、輸血を受けた人はその後献血をしたり、ドナーになることが出来ないのです。

 

私は骨髄バンクに登録していますし、今まで献血もしていて、それが普通だし当然だと思っていたのですが、これはあくまでも健康な人だから出来ることだということに気が付きました。

 

知人は、元気になったら恩返しに献血をしたかったらしいのですが、輸血をしてしまったので献血ができないということを知り、とても残念がっていました。

 

 

長くなってしまいましたが、私が経験し学んだことをブログに投稿することで、少しでも献血に興味を持っていただいて、ご協力していただけたら、少しは世の中のお役に立てるのではないかと思いまして、この記事を書かせていただきました。

 

私個人としても、微力なのですが、献血など自分が出来ることを少しずつ行っていこうと思っています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

関連記事

  1. ハーレーライディングテクニックを上達した~い!
  2. ハーレーのマネークリップ★
  3. ハーレーのパドロック(南京錠)
  4. ハーレー乗りの今日のつぶやき:サボテンが来た
  5. ハーレー乗りの今日のつぶやき:天空の水族館『スカイアクアリウム2…
  6. 雨ですね・・・・。
  7. ハーレー乗りの今日のつぶやき:たいやき本舗『藤家』
  8. ハーレーと一緒に暮らせるマンション!!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【東京都小平市】普通二輪MT免許でOK!教習所試乗会
  2. 【東京都葛飾区】普通2輪免許・ハーレー昼休み試乗会 in 京成ドライビングスクール
  3. LoveHarleyサイトがリニューアルしました!

おすすめ特集

PAGE TOP